東京で秋に訪れたいおすすめ紅葉スポット

(credit: Leaves / 紅葉(こうよう) TANAKA Juuyoh (田中十洋) on Flickr)

すっかり秋めいて朝晩は寒いくらいの気候になってきました。そろそろ今年の紅葉狩りはどこに行こうかと迷う時期ではないでしょうか。そこで、東京都内で秋に訪れたい紅葉スポットをご紹介します。

明治神宮外苑

(credit:明治神宮外苑の銀杏並木 (Ginkgo Trees at Meijijingu Gaien by Hiroaki Kaneko on Flickr)

ドラマ「HERO」のロケ地でもある神宮外苑は、23区在住なら一度は行きたいおすすめ紅葉スポットとして外せない場所。苑内では、イチョウ、サクラ、ケヤキの紅葉が楽しめます。特におすすめなのは聖徳記念絵画館を正面に臨む並木道です。

六義園

(credit:六義園の紅葉ライトアップ by Kentaro Ohno on Flickr)

ライトアップで紅葉を楽しみたいなら文京区本駒込にある六義園がおすすめです。水面に映し出される色とりどりの木々が絶景です。紅葉シーズン中は21時まで開園延長されているので、仕事帰りの人でも遊びにいけるのが嬉しいですね。

国営昭和記念公園

昭島市にある国営昭和記念公園は、お手頃な入場料でカップルから家族連れまで一日中楽しめる紅葉スポットです。公園のシンボルであるカナール横に約100本のイチョウの木があります。国営公園なので、至る所にトイレや休憩所があるので広大な敷地でも安心してゆったりと楽しめます。紅葉狩りを堪能したら、カップルなら日本庭園で一服、子連れのファミリーなら、こどもの森の遊具で思いっきり遊べます。

浜離宮恩賜庭園

(credit: Hama-rikyū Gardens (浜離宮恩賜庭園) by David Baron on Flickr)

中央区浜離宮の浜離宮恩賜公園は、徳川家の鷹狩りの場として有名な場所。東京ドームの5.5倍の広大な敷地はまさに都会のオアシスと言えるでしょう。
池に浮かぶ茶屋とイチョウ、サクラ、カエデなどが紅葉した景色は美しく、日本らしい風情を楽しむことができます。

小石川行楽園

文京区にある小石川後楽園は、特別名勝・特別史跡となっており、日本庭園の美しさと色づいたモミジ、サクラ、ケヤキの美しさをダブルで楽しむことができます。都営大江戸線飯田橋駅から徒歩2分とアクセスも至便なのがポイントが高いですね。

奥多摩湖

(credit: Okutama Autumn Leaves – 08 by Kabacchi on Flickr)

山々に囲まれているため、見る角度によってそれぞれ違った山の表情を楽しめる紅葉スポットとして人気の奥多摩エリア。奥多摩湖の湖面に映る紅葉が美しいと評判です。
湖畔、渓谷側と紅葉スポットがいくつかあり、観光施設も充実しているので半日~一日遊べます。都心から小旅行気分で出かけたい人におすすめです。

東京では、例年11月上旬ごろから紅葉が見頃となります。雨風などでせっかくの紅葉が見られなくなる前に、お部屋探しのついでに足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

text/Maki.K