なぜあの人は、1階に住んでるの?意外と知らない1階に住むメリットデメリット

マンションで1階のお部屋は、虫が多い、空き巣の被害が多いなどで一般的には人気が少なめです。しかし、敢えて1階のお部屋を選ぶ人もいます。1階のお部屋にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

1階に住むメリット

マンションの1階は子育て世帯や自転車を所有している人、家庭菜園などが趣味の人におすすめです。ここでは一つずつメリットをご紹介していきましょう。

・家賃が比較的安い
日本では眺望の良さや角部屋を重視する傾向にあるため、賃貸マンションでも分譲マンションでも、一般的に低層階は家賃がお手頃です。

・専用庭がある物件が多い
1階の場合、専用庭や門扉などが使える仕様になっているお部屋も多いので、家庭菜園やガーデニングが趣味の人、自転車を家の中で保管したい人、夏に子供と庭遊びを楽しみたい人などには、こういった設備のある1階のお部屋は人気があります。

・エレベーターが不要
エレベーターの待ち時間は高層マンションのデメリットの一つですが、1階ではエレベーターを使う必要がありません。また、忘れ物をしたときや荷物の多い時にもエレベーターを待つ時間が要らないので便利ですね。

・ゴミ捨てやポストへ行くのが楽
1階にゴミステーションなどがある場合、ゴミ捨てに行くのが楽になります。

・子供の足音でクレーム等に悩まされない
小さな子供がいると、走り回ったり、おもちゃを落とす物音、椅子を引く音など、意外と生活音が響き、周りの住人から苦情が入ることもありますが、1階に住めば自分の子供が周りに迷惑をかけることがなくなるので穏やかに過ごせます。

1階に住むデメリット

物件にもよりますが、1階に住むデメリットは次のようなことが挙げられます。

・虫が多い
1階は、蚊やムカデなどの虫が容易に侵入してきます。また、自分のお部屋を綺麗にしていてもゴキブリが他所の家から入ってきやすいというのも1階のデメリットです。排気口、排水溝の掃除の徹底や、換気扇の通気口には虫除けのフィルターを貼るなどの虫対策をすることである程度防げます。

・湿気が多い
1階は、湿気が多くカビが生えやすいというデメリットがあります。部屋干し派の人は、家具や畳などにカビが生えることがあるので注意しましょう。

・上階の生活音が響くことがある
上階に子供が住んでいる場合は、走り回ったり、物を落としたりなどの生活音が気になる場合があります。

・不審者の侵入など防犯面に注意する必要がある
高層階に比べると、外から家の様子が見えやすいというデメリットがあるため、空き巣などの不審者の侵入に注意する必要があります。
プライバシーを守りたい場合はカーテンを締めておく、窓ガラスに目隠しフィルムを貼るなどの工夫が必要となります。

いかがでしたか。空き巣による被害は、1階が多いと言われていますが、実際はマンションの2階、3階、一戸建てでも侵入しようと思えば不審者は侵入します。
また、子供のいるご家庭なら、苦情を言われて住みにくくなるよりも1階で穏やかに暮らしたいという人もいます。

1階だからダメ、2階だから大丈夫というわけではなく、お部屋の建物の状態、治安などで状況は変わってきますので、メリットとデメリットはあくまでも参考程度にしておき、実際にお部屋を内見して環境や住みやすさなどの確認するようにしましょう。
そして、防犯面や虫対策については個人で行うようにすると、より住みやすい環境を作ることができますよ。

text/Maki.K