子供ができたらどっちがいい?3DK or 2LDK

子供が生まれると、子供部屋や育児のしやすい和室を確保する必要が出てくるのでファミリー向けの間取りを選ぶ必要が出てきます。間取りで考えるなら3DKと2LDKどっちがおすすめなのでしょうか。

3DKのメリットとデメリット

3DKは、ダイニング+キッチンのスペースとその他に三部屋がある間取りです。夫婦の部屋と、子供部屋に二部屋使ってもまだ一部屋余るので、子供が二人になっても余裕のある間取りなのがメリットです。
また3 DKの場合、一部屋は和室という物件も多いので、子供が小さい時にはハイハイをさせたり、昼寝をさせるのにも便利で、使い勝手が非常に良いというのもポイントです。

デメリットは、リビングのスペースが確保できないことです。食事をするスペースとしては、ダイニングキッチンでできますが、食後にゆっくり家族団らんを楽しむスペースとしては少し狭いと感じる可能性があります。

2LDKのメリットとデメリット

2LDKは、リビング+ダイニング+キッチンのスペースとその他に二部屋がある間取りです。一部屋は夫婦の部屋にするならば、もう一部屋を子供部屋として使うことができます。

2LDKのメリットは、何と言ってもゆったりとくつろげるスペースがあることです。子供が小さい間は、料理中や掃除中も目を離せません。広々としたリビングなら家事をしながら子供の動きもしっかり確認できるところがポイントです。また、子供が小学生くらいまでは、リビングを学習スペースにすることも可能です。リビングにテレビやソファーを置くと、自室にこもってしまうことも少なくなり家族団らんなど、コミュニケーションをとる機会も増えるでしょう。

デメリットは、部屋数が少なめなので子供が増えると子供一人につき一部屋を与えられなくなることや、収納や物置として活用するスペースが少ない可能性があることが挙げられます。また、物件によっては和室がない場合もあるので、子供のケガ対策などをおこなう必要があります。

リビングをどのくらい活用するかがポイント

3DKも2LDKもそれぞれメリットとデメリットがありますが、子供ができたらどちらが良いのかを敢えて決めるなら、「リビングをどのくらい活用するのか」ということが間取りを決める時の最大のポイントになります。
部屋数重視でプライベート空間を優先するか、広々リビングに家族で集まる空間を優先するか、どちらが良いかを家族で考えてみましょう。

また子供の成長に合わせてレイアウトに変化をつけやすい間取りを選ぶのもおすすめです。ふすまを取り払って、3DKを2LDKにしたり、仕切りを設置して2LDKを3DKのようにしてみるのも一つの方法です。
赤ちゃん期は和室が便利ですし、歩き出す頃~小学校低学年くらいまではLDKが便利です。小学校高学年~中高生になれば自室をつくってあげたいですね。

text/Maki.K