賃貸の保証会社についてまとめてみた

「賃貸でお部屋を借りたいけれど、保証人になってくれる人が見つからない!」こういう悩みを持つ人がお部屋をスムーズに借りるためにあるのが賃貸保証会社。今回は賃貸保証会社についてまとめます。

賃貸の保証会社とは?

賃貸保証会社とは、賃貸借契約時に借主に必要となる連帯保証人を代行する会社のことです。「親が他界していて保証人になれない」、「親族が遠方で頼みづらい」などの事情で保証人になってくれる人がいない場合に、賃貸保証会社を利用することで、スムーズにお部屋を借りることができるシステムです。

また、賃貸保証会社の存在は、借主側だけでなく、貸主側にもメリットがあります。部屋を貸していると、ほとんどの人はきちんと家賃を納めます。しかし、稀に家賃を滞納する借主もいます。このような借主に変わって賃貸保証会社が家賃を支払ってくれるので、貸主が家賃の取り立てに追われることや、取りっぱぐれを防ぐことができます。

賃貸保証会社の審査

賃貸保証会社を使えば、保証人になってくれる人がいなくてもお部屋を借りられる可能性が高くなりますが、実は住宅ローンや車のローンなどと同様に、賃貸保証会社の利用にも一定の審査があります。
賃貸保証会社には、大きく分けてクレジットカードなどの信販系の会社と、賃貸保証業協会に加入企業の2種類があり、審査の基準は賃貸保証会社によってそれぞれ異なります。

信販系の場合は、クレジットカードを持つことができる人かどうかで判断されます。
賃貸保証業協会加入の企業の審査項目は、年収、所得証明や源泉徴収票、会社の規模、年齢、家賃と年収の比率、保証人の有無などがあります。

賃貸借契約で連帯保証人を不要とするためにお願いする保証会社なのになぜ保証人が必要なのかと思われるでしょう。これは次のようなケースが想定されるためです。

・貸主の要望で保証会社+保証人を必要としている物件のため
・家賃滞納の立替費用を回収するために保証会社の契約時に保証人をつけるため

このように、物件や保証会社によって、結局保証人が必要となる場合もあるので、どうしても保証人がいない場合は、保証会社に前もって支払う金額を多めにすることでクリアとなる場合もありますが、基本的には年収など身の丈に合った物件を探したり、「保証人不要」となっている物件を探すのが賢明です。

保証会社にはどのくらい支払うの?

では具体的に、賃貸保証会社にはどのくらい支払うのでしょうか。費用の相場は会社によって様々です。
毎月の家賃の数%を上乗せして保証会社に支払うケースや、2年契約なら家賃1ヶ月分を保証会社に前もって支払うケースなどがあります。

支払い能力や審査の通りやすさなどは個人によって状況が違いますので、自分の場合は、どこに頼むのが良いかなど、困ったことがあれば、不動産会社に相談してみましょう。

text/Maki.K