はじめての一人暮らし!家電サイズの選び方~洗濯機編

新生活において家電や家具のサイズ選びは頭を悩ませますね。今回は、はじめての一人暮らしで悩む人の多い洗濯機のサイズ選びについてご紹介します。

洗濯機購入前のお部屋チェック

すでに借りるお部屋が決まっている場合は、洗濯機の購入を迷う前に洗濯機置き場があるかないかを第一にチェックする必要があります。

最近の賃貸のお部屋は洗濯機置き場のあるお部屋がほとんどですが、一部のワンルームや共同アパートの場合は洗濯機置き場がない場合もあります。洗濯機を置く場所がないからといって勝手に設置すると、排水・防水設備が整っていない物件だと漏水させてしまう可能性があるので、十分注意しましょう。

洗濯機の選び方

洗濯機を置く場所が決まっていれば、いよいよ洗濯機選びです。

・種類
洗濯機の種類は、主にタテ型かドラム式の2種類に分かれます。最近はドラム式が人気ですが、意外と幅をとる、一人暮らし用だと汚れが落ちにくい、タテ型よりも水道代がかかるなどのデメリットがあるため、一人暮らしにはあまり向きません。現実的にはタテ型洗濯機がおすすめです。

・サイズ(容量)
一人暮らしだからと一番小さいモデルを選ぶ人も多いのですが、サイズは最低でも5.5kg必要です。これは、一人暮らしだと洋服の洗濯量は少なくても、洗濯機を回すのは週1回だけというように、「まとめ洗い」をすることが多いからです。また、洗濯機でシーツや毛布などかさばるものを洗う場合にも、ある程度の容量が必要となるためでもあります。

・性能
夜に洗濯することが多いなら静音タイプ、お部屋が近所と隣接しているためベランダに洗濯物を干せず部屋干しになるなら乾燥機能付きタイプ、ウールドライマーク衣料もクリーニングではなく自宅で洗いたいならコース選択ができる機能をもつタイプ、他にも洗濯時間が短いものなど、必要な機能やライフスタイルを考慮して選んでいきましょう。

いかがでしたか。洗濯機は価格の安さだけを重視したり、収納面でサイズの小ささだけを重視して選んでしまうと、後悔することも多いと言われています。サイズ選びで失敗したからといっても買い替えとなるとコストもかかりますし、家電リサイクルで処分するにも手間暇がかかってしまいますのでしっかり検討しましょう。

text/Maki.K