はじめての一人暮らし!家電サイズの選び方~テレビ、冷蔵庫編

一人暮らしだと家電のサイズ選びに迷いますよね。今回はテレビと冷蔵庫のサイズ選びのポイントをまとめます。

一人暮らしのテレビサイズの選び方とポイント

はじめての一人暮らしでテレビを新たに購入するなら、リビングの広さでテレビのサイズを検討しましょう。

・テレビ画面の高さ×3倍の距離
目が疲れないテレビ視聴距離の目安はテレビ画面の高さ×3倍と言われていますので、例えば6~8畳のリビングなら32型の液晶テレビがおすすめです

一人暮らし用のテレビだと30~40型まで幅広いラインナップがありますが、サイズが大きくなるほど割高になるメーカーも多いのでサイズと価格をチェックしましょう。

液晶テレビは、昔のブラウン管よりは圧迫感がなくなったものの、リビングの中でかなりスペースをとる家電です。テレビをほとんど見ないのなら20型でも十分と考える人もいますが、DVDをよく見る人なら40型が良いと考える人もいるでしょう。自分がどのくらいテレビを見るのかで、選ぶ際にサイズを検討するのが現実的でしょう。ちなみに、ある家電量販店の調査では、一人暮らしの人に最も人気の高いサイズは32型となっていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

一人暮らしの冷蔵庫サイズの選び方とポイント

冷蔵庫は、自炊してもしなくても食品の保存のために必須の家電です。そこで冷蔵庫サイズを選ぶ時のポイントをいくつかに分けてご紹介します。

・自炊=大きめ、自炊しない=小さめはNG!
一人暮らしで冷蔵庫のサイズを検討する時に、自炊するからやや大きめサイズ、自炊しないから小さめサイズという選び方で冷蔵庫を購入すると、後悔しかねません。
自炊しなくてもペットボトルや冷凍食品を購入することもありますし、来客時に手土産で洋菓子やアイスをもらったときにもある程度の容量がないと困ります。ですから、最低でも130リットル以上の冷蔵庫を選ぶようにしましょう。本格的に自炊する人なら160~200リットルの冷蔵庫だと使いやすいでしょう。

・冷凍室の容量と性能もチェック
冷蔵庫選びで案外忘れてしまうのが冷凍室の容量チェックです。自炊する人は作り置きのおかずを冷凍することも多いですから、冷凍室の充実した冷蔵庫を選びましょう。また、冷凍室には自動霜取り機能(ファン)がついたものがおすすめです。

・サイズと消費電力は比例しない
冷蔵庫が小さい方が電気代は節約できると考える人も多いのですが、最近の冷蔵庫は、中型、大型サイズの方が省エネ性は高くなっていますので、サイズだけで決めてしまわないようにしましょう。

text/Maki.K