メゾネットタイプの住まいのメリットとデメリット

一戸建て感覚で住むことができる賃貸物件といえば、テラスハウスですが、それ以外にメゾネットというスタイルもあります。今回はメゾネットとは何か、そしてメゾネットタイプの住まいのメリットとデメリットをまとめます。

メゾネットとは?

メゾネットとは一戸の住宅の中に上下階を結ぶ内階段がある集合住宅のことです。一般的なマンションやアパートはワンフロアでフラットな住まいですが、メゾネットは上下のフロアを使えるので一戸建て感覚で使えるマンションとなります。
テラスハウスとは何が違うのでしょうか。テラスハウスは、連棟になっていて壁を共用しているものの、基本的に2階建てなので1棟の中に階段は1カ所だけです。また玄関も基本的に1階にあります。
一方、メゾネットはマンションタイプなので入り口が1階とはかぎりません。マンション1棟の中に住戸がいくつもあり、内階段も複数ある形態となります。

メゾネットタイプのメリット

一般的なフラットタイプのマンションとは違い、上下階にフロアが分かれるので、例えばリビングは下の階、子供部屋や寝室は上の階など家族の共有スペースとプライベート空間をはっきりと分けることができるというメリットがあります。
また、フラットタイプのマンションだと上階と下階に住む他人の生活騒音が気になることも多いのですが、メゾネットタイプであれば少なくとも上階か下階の一方は自分たち家族の生活音なので、騒音に悩まされる心配が少なくなります。
また、住空間を縦方向に活用しているため、マンションでありながら一戸建ての感覚が楽しめます。フラットタイプの住まいよりも個性的で新鮮味があると感じる人もいます。

メゾネットタイプのデメリット

住空間を個性的に楽しめるメゾネットですが、短所もあります。
内階段があるために、構造上、どうしても住まいの有効面積が少なくなってしまいます。また、バリアフリーではないため、家庭内事故の可能性のある年齢の子供やお年寄りのいる家庭にはあまり向きません。掃除の際に階段の上り下りが面倒となる場合もあります。

このように、メゾネットは家の中に階段があるマンションとして贅沢で個性的な魅力があふれる住まいですが、家族構成によっては向き不向きがあるということも注意して検討したいですね。

text/Maki.K