本当に住めるのか?! 超デザイナーズ賃貸物件5件

皆さんは「デザイナーズ賃貸」「デザイナーズ・マンション」と聞いて、どんなイメージをもっているでしょうか?
建築家が設計したオシャレな建物、インテリアデザイナーによる、ちょっと変わった色や形のもの、などを思い浮かべるでしょう。
そんな デザイナー賃貸物件のなかでも「これぞ今風。超デザイナーズ!」と呼べるものを5物件、選んでみました。

1:巨大らせん階段のある物件 『イルサ』

出典:タカギプランニングオフィス

シャープな印象の外観が、とてもカッコいいですが圧巻なのは、内部にある巨大な、らせん階段。見上げただけでクラクラしそうです。毎日、このらせん階段を上り下りするのは大変かもしれませんね。設計は、数々のデザイナーズマンションを設計している谷内田章夫さん。こんなマンションに住んでいたら、友達を呼んで自慢(?)したくなりますね!

2:すごく小さな窓が特徴 『朱合院』

出典:株式会社リネア建築企画

住みたい町ナンバーワンに選ばれることも多い吉祥寺にある、レンガで表面がおおわれた賃貸マンション。デザイナーズマンションといえば、コンクリート打ちっぱなし仕上げの印象が強いですがレンガを使ったものは珍しいですね。気になるのは、窓。普通のサッシではなく、小さな穴から光を取り込みます。大きな窓の解放感が好きな人には、ムリかも?

3:土間で暮らす生活 『Doma001新宿』

出典:REISM

緑豊かな新宿御苑がそばの都心の好立地に建つデザイナーズ賃貸。細長い間取りの部屋の床仕上げは、なんと土間!! フローリングでも、カーペットでもありません。モルタルで仕上げられた、土足で入れる仕上げとなっています。壁も天井もモルタルで人によっては倉庫にいるようで落ち着かないかもしれません。ちなみに奥には4.9帖の畳が敷かれてはいますが…。

4:まるでショップのような床仕上げ 『シエールグラン南雪谷STUDIO』

出典:TOP-PRIDE 【トッププライド】

東急池上線・雪が谷大塚駅からほど近い、閑静な住宅街に建つ賃貸住宅。外観はシンプルなデザイナーズマンションらしい、コンクリート打ちっぱなし仕上げ。モダンでシンプルな印象です。ですが、気になるのは内部の床の仕上げ方です。普通のマンションは、現在、フローリングが主流ですが、この賃貸マンションは、樹脂系(プラスチック)系の床材が貼られています。まるでレストランのよう。商業空間に住むような気分を楽しめる人には向いているでしょう。

5:壁も天井も「仕上げていない」部屋 『ハッピーラベンダー』

出典:グッドルーム[goodroom]

この物件の最大の特徴は「内装を仕上げていない」ということです。建築構造の梁(はり)が、むき出しになっており、壁も下地材料だけで仕上げてあります。壁紙も天井もないのです。「天井がないと落ち着かない」「壁は白い壁がいい」という人には、住むことが難しいかもしれませんね。ちなみに、ベランダはなく、窓際の可動式の物干し竿に干します。

text/喜入時生