ヘヤジンインタビュー 『株式会社モダンアパートメント 渡邊勇三 代表』

渡邊社長の「これまで」と「これから」を支えるもの

――実は別媒体のインタビュー(会社設立3年目くらい)で、渡邊社長は「今後ショールムをつくりたい」と発言されていました。そのインタビューを拝見して、そのときから思い描いていたビジネスモデルを、今まさに実現されたんだなと思いました。やはりずっとそのことを考えて力を注いでいれば、夢は実現するんでしょうか?

そうですね……。大阪では、最初 地下の5坪の事務所に、5人でいました。そこは全員が立たないと動けないくらいの広さで、このままだったら会社が成長しないと思って。だから「おまえらに任せた!」とみんな(=MA社員)に言って、まずは一人で東京に出て来ました。そして東京では道玄坂の雑居ビルからはじめて、寝泊まりもそこでしていました。

そしてそんなときに、僕のことをかわいがってくれていた先輩が、見かねて表参道の事務所を間借りさせてくれたんです。するとそこからは事業も軌道に乗り始めて、物事がうまく進むようになりました。

まあ運と言ってしまえばそれまでなんですけど、チャンスにすぐ「乗っかれる」「踏み出せる」というところが大切なんじゃないかなと思っています。

会社というのは、波もあります。もっと儲かっている会社もあると思います。でもぼくは、この仕事のことをずっと考えています。そうして突き進んで行くと、考えていることにつながる出来事や話が、めぐってきたりする。そこに飛び込んでいくか、躊躇するかで変わる気がします。

――渡邊社長は、もともとすぐに「乗っかれる」「踏み出せる」ような性格だったんですか?

うーん…。そうでもなかったような気がします。意外にビビリで。やるべきところだと思えばやりますが、あとはできなかったり。性格上は、そうだと思います。でもビビリなところも、ある意味 経営者には向いているのかなと。

僕には従業員も家族もいますし、取引先のお客様もいます。一人でやっているのではない。チャンスに飛びつくためには、事前準備や周到なテストマーケティングが必要になってきます。このリノカの事業も、1年くらいずっと準備をしてきたものです。だから本当は、「勇気のかたまり」みたいな新事業なんですね(笑)

人間て踏み出すときにはパワーがいるから、だいたいは先送りにしがちです。でも僕は、「人生は自己実現」だと思っているので。自分が何かをしたいと思えば、それに向かって突き進む。そういう「0から1をつくる」ようなことに挑戦していきたいというのがありますね。

――物事を慎重に判断しつつ、「今だ!」というときに発揮できる決断力と行動力。そして社員の方や先輩の助けがあり、今につながっているんですね。

自立を促す社員教育と、これからの展望

実は昨日は、家業を継ぐために退社をする子の送別会だったんですよ。その子は新卒で入社して、大阪から東京に出てきたときにも、ずっと一緒にやってきた子でした。

その子がうちの会社を選んでくれた理由は、新卒採用イベントに来ていた企業の中で、僕が「一番でかい声で夢を語っていたから」らしいんです。僕も覚えてない当時のことを、その子は覚えてくれていて。東京で会社が成長できたのもその子のおかげですし、本当にもう、息子のような感覚ですね。

――退社されたことは残念ですが、社員の方との関係性がよくわかるお話ですね。

そういえば昔 社員教育について、ある先輩経営者にこう言われたことがあります。「教育は、自立を促すことや」と。「自立を促すことが、教育の究極の目標や」と。僕はそれがすごい心に響いて。仕事のノウハウなんかを教えても、結局人間的に自立していないと意味がない。だからこれからは、そういう人材を育てていければいいなと思っています。

――では最後に。MAでは現在、新築マンションのプロデュースもされていますよね? 今後はどのような事業構想をお持ちですか?

今 僕らは都内限定で、利益の出る1棟デザイナーズマンションをプロデュースしています。具体的には、土地から僕らが選定をして、コストをかけずにデザイナーズマンションをつくるということをやっています。これは「建築」と「不動産」と「金融」、この3つをわかっていないとできないビジネスモデルなので、この分野に関しては、サラリーマン時代に10年やっていたノウハウを活かしてやっていきたいと思っています。

そしてこれからは「リノベーション」「家具」「新築プロデュース」と。それに不動産の売買や管理も加えて、賃貸経営のサポートや中古住宅業界の再生や活性化という部分でも、総合的にワンストップでできるような事業展開をしていきたいなと思っています。

――渡邊社長、本日はありがとうございました。

text/K.aono

PROFILE
■渡邊勇三(わたなべゆうぞう)株式会社モダンアパートメント 代表取締役

1976年 大阪府箕面市生まれ
    (専門学校卒業後、北大阪のゼネコンに10年間勤務)
2006年 株式会社モダンアパートメントを設立
2009年 東京支店を開設
2013年 10月 コーディネートできる家具付き賃貸サービス「RENOCA(リノカ)」をリリース予定