パパママ必見!赤ちゃんの部屋作りに大切なインテリアポイント

出産により新しい家族が増えた時には、赤ちゃんの為に素敵なお部屋を用意してあげたいですよね。しかし、やみくもに可愛いグッズや家具でコーディネートをしてしまうと、思わぬトラブルを引き起こしてしまう場合や、赤ちゃんのお世話が大変になってしまう事も。そこで大切なのが実用性とシンプルが両立したお部屋作り。成長の早い赤ちゃんの事を考え、ママやパパにも優しいお部屋作りのポイントをご紹介致します。

サッと取り出せるベビーグッズの収納方法

一日に何度も授乳やオムツ替えをしたり、赤ちゃんのお世話はとても大変。「どこに何を置いてあるか」をしっかりと決めておかないと余計な時間が掛かってしまい、赤ちゃんだけではなくママの負担にもなってしまいます。そこで、用途別にカゴや箱を作るのがポイントのひとつ。必要な時にサッと持ち運びができ、忙しい時はそのままカゴや箱に戻せるようにすれば、ストレス無く整理整頓ができます。最近では様々なサイズに合わせたカゴも売っていますので、カラーボックスと併用して使うとお洒落で綺麗にまとまります。

背の低いソファで大切なコミュニケーションタイム

(credit)Paragon Properties / Northville Woods by Paragon Apartments

授乳・ミルクをあげる時、赤ちゃんとのコミュニケーションに便利な家具といえばソファです。その中でも脚のないローソファやフロアソファはママが楽な姿勢が取りやすく、作業もしやすいアイテムのひとつ。寝返りを始めた頃の赤ちゃんにとっても最適な遊び場になり、高さのあるソファと違って落下の危険性もなく安心です。しかし、柔らかすぎると赤ちゃんが動きづらく、埋もれてしまう危険性がありますので、少し固めの素材を取り入れましょう。

赤ちゃん目線には危ないものがいっぱい

(credit)Pub Plug by Fiona MacGinty-O’Neill

ハ イハイやよちよち歩きが始まると、何でも口に入れてしまう時期が始まります。家の中には観葉植物やお洒落なインテリアを沢山置いているご家庭も多いかと思 いますが、この時期はスッキリとした広々とした空間作りが大切です。しかし、どうしてもむき出しになってしまうのがコンセントや電源プラグ。触ると感電し てしまう可能性がありますので、コンセントカバーやキャップでしっかりと安全対策をしましょう。ここで注意したいのが、カラフルなキャップやキャラクター が描かれているカバーです。ついつい可愛らしい物を購入してしまいがちですが、逆に赤ちゃんの興味を引いてしまいますので、あまり目立たないシンプルな物 を利用するのがポイントです。

赤ちゃんの誕生はとても嬉しく、つい色々と用意したくなるのが親心。ですが、シンプルなお部屋作りをしておくと、赤ちゃんのお世話もしやすくお互いに快適な空間となります。ハイハイやよちよち歩きを始める少し先を見据え、実用性が高くシンプルなお部屋作りをしてみてはいかがでしょうか。

text/釜井知典