プログラマが好きな部屋ってどんな部屋?

(credit: Current Setup by Yutaka Tsutano on Flickr)

プログラマは、その仕事の特殊性から美意識の高い人が多いと言われています。今回は、創造力豊かでセンスの良いプログラマが好む部屋とはどんな部屋なのかをご紹介します。

部屋は小さめ、デスクは大きめ

(credit: The completed workplace by Yury Primakov on Flickr)

一人暮らしのプログラマなら、部屋は小さめで、デスクは大きめというレイアウトが王道です。複数のモニターを常に設置しておくために広めのデスク、そして、身の回りのものにすぐに手に届くように、部屋は小さめを好む傾向にあります。

シンプル&モノトーン

(credit: The completed man cave by Yury Primakov on Flickr)

プログラマの部屋というと、ごちゃごちゃしているというイメージを持っている人も多いでしょうが、実際は白や黒を中心としたモノトーンのインテリアコーディネートや、木の風合いが美しいナチュラルでシンプルなインテリアコーディネートを好む人が多いのが特徴です。

プログラマは小さめの部屋を好む人も多いのですが、リラックスできるように広めの部屋にして、きちんと作業スペースであるデスク周りとソファや寝室のスペースを仕切り、間接照明でオシャレにコーディネートされている人もいます。

プログラマの部屋はPC機器が多く、雑然とした部屋という先入観を持ちやすいですが、きちんと整理整頓されたさっぱりした部屋を好む人は案外多いのです。

椅子にこだわる

最近は自宅をオフィスにして仕事をしているプログラマの人も増えています。そういう場合は、一日中デスクワークで肩、背中、腰が疲労してしまう人も多いです。そこで、デスク周りの椅子は座り心地の良いものを…と、こだわるプログラマの人は多いです。
リクライニングできる1人用カウチソファや、移動が自在のキャスター付きチェア、デザイナーズチェアなどの高級な椅子が好まれています。素敵な椅子だと作業もはかどりますね。

観葉植物で気分転換

パソコンを一日中使っていると、気分転換に観葉植物で目の保養をしたいという人もいます。
実際に、観葉植物には、空気清浄効果、ストレス軽減効果、乾燥防止からドライアイ、喉の乾き、頭痛を軽減する効果があることがわかっています。また、緑色には、安心感を与える心理的効果もあり、こういったことからもプログラマの人たちに自然と好まれているのかもしれません。

いかがでしたか。テレビドラマやアニメでは、プログラマはモニターが並んだ薄暗い部屋にこもっていることが多いので、どうしてもそんなイメージを抱いてしまいやすいですよね。しかし、実際は緻密な作業を苦にせずに続けられる人に向く仕事ですので、片付けやすく機能性の高い収納を工夫して使っていたり、モノトーンのインテリアコーディネートで美しくシンプルでオシャレ部屋を好む人が多いようです。

text/Maki.K