住まいと人と猫の新しいかたち—— 東京キャットガーディアンが提案する猫付きマンション

猫の殺処分ゼロを目指して活動しているNPO法人、東京キャットガーディアンが提案している「猫付きマンション」は、猫を借り受ける事ができる賃貸マンションです。

1匹でも多くの猫が殺処分から逃れるように、そして1人でも多くの人が猫と暮らす喜びを知ることができるように……。「猫付きマンション」は、単なる面白物件ではなく、飼い主のいない猫を助けるための真摯な活動です。

人も猫も幸せになれる、猫付きマンションのしくみを考えた、東京キャットガーディアンの代表・山本葉子さんに、猫付きマンションのしくみについてうかがいました。

猫付マンションのしくみ

猫付きマンションは、大家さん・保護団体・入居者の3者による、飼い主のいない「大人猫」の保護ボランティア活動です。
住むと、猫を借り受ける事ができる賃貸マンションとして、2010年に最初の部屋の契約が成立して以降、少しずつ拡大しています。

猫は物件に付随しているため、賃貸の契約後も、猫の所有権は東京キャットガーディアンに所属したままです。将来的に部屋を退出する時点で、猫を譲渡するか、返却していただくかを決めていただきます。

■猫付きマンションのしくみ

つまり、入居者が、東京キャットガーディアンから、猫を一時的に預かっているという形式になります。契約期間中のえさ代や医療費は入居者の方に負担していただきますが、それ以外の、猫を飼うにあたっての費用はかかりません。「仮の里親」となり、ネコとの暮らしを楽しみつつ、動物保護ボランティアに参加できるのが、猫付きマンションのしくみです。

ペットビギナーや転勤族でも、猫といっしょに暮らせる!

ですから、「転勤があるかもしれない」「結婚や転職などで飼えなくなるかも」という理由で猫を飼うことを諦めていた人でも、猫と暮らすことができるのです。

猫との暮らしで困ったことや不安なことがあれば、シェルターのスタッフにすぐ相談することができます。猫を飼うことが初めての人でも大丈夫なように、サポートしています。

一緒に暮らす猫は、私どもが管理するシェルターにいる「大人猫」のなかから選んでいただきます。一目ぼれで、パートナーの猫に出会う方もいましたね。

猫付きマンションの誕生

そもそものはじまりは、人間と同様、猫の高齢化がきっかけでした。東京キャットガーディアンでは、行政(動物愛護センターなど)が保護した捨て猫や野良ネコを譲り受け、猫の里親を探す活動をしています。

そのなかで、子猫の引取り手はすぐ見つかるのに、大人猫の引取り手がなかなか見つからないという課題がありました。

また、社会の高齢化が進むにつれて、飼い主が猫を残して亡くなってしまったり、施設に入るため手放さざるを得ないなどの事例が増加し、私たちがが引き取る大人猫の数は急増しています。

そんな状況の中で、あるマンションオーナーが「猫付きマンション」のアイディアに協力してくれたのです。これが猫付マンションの第1号でした。

■猫付きマンションの一例

猫付きマンションは、住み手は猫といっしょに暮らせる、物件オーナーは部屋に付加価値をつけて空室率を解消できる、保護団体は大人猫の里親を見つけられる、みんながハッピーになるしくみです。反響も大きく、住みたいという人だけでなく、マンションの空室に悩んでいるマンションオーナーからの問い合わせがあります。

  • 猫を飼うのが初めて
  • 転勤が多くて心配
  • 高齢なので猫と暮らしたくても、自分が病気になったら心配……

など、一般的な状態で飼育する事にためらいのある方が、猫と暮らす楽しさを味わえるように、そして飼い主のいない猫を1匹でも多く救えるように、これからも、猫付きマンション物件は増えていく予定です。

また、東京キャットガーディアンでは、猫付きマンションの他にも、猫の殺処分ゼロを目指して、さまざまな保護活動を行っています。ぜひ、WEBサイトをチェックしてみてください。

text/N.Nanayama

NPO法人東京キャットガーディアン
大塚・西国分寺の猫カフェ型開放型シェルターを拠点に、殺処分ゼロを目指し、行政(保健所・動物愛護センター)などから猫を引取り、飼育希望の方に譲渡する活動(猫の里親募集・譲渡活動)並びに地域猫活動を行う。
飼い主のいない猫(野良猫、地域猫)の為の去勢・避妊手術専門の動物病院「そとねこ病院」の運営、日本初の試しみである賃貸マンションに猫がついてくる「猫付きマンション」、キャットフードや猫砂など日常のお買い物で保護活動に参加出来る仕組みの「ShippoTV (ShippoTV楽天市場店)」の運営など、活動は多岐にわたる。