兵庫県姫路市網干区の賃貸マンションやアパート情報の概要について

最新物件情報を受け取る

網干の賃貸情報。姫路市網干区は兵庫県第二の都市である姫路市の南西部にあり、揖保川と大津茂川に挟まれた平地となっています。南部は播磨灘に接しており、海岸は企業の工場や事業所が数多くあることから雇用にも恵まれています。また、山陽本線が東西に通り山陽電鉄の終着駅があるため、姫路市内はもちろん神戸市内へのアクセスにも優れていることからベッドタウンとしての性格を併せ持っているため、賃貸物件にも恵まれています。

兵庫県姫路市網干区の歴史と産業化及びその成り立ちについて

兵庫県姫路市網干区の歴史と産業化及びその成り立ちについて

姫路市網干区は、古くは播磨灘に注ぐ揖保川と大津茂川の河口周辺での沿海漁業や海苔養殖が主な産業でした。自治体は1889年に揖保郡網干町として発足しましたが、1946年に姫路市に編入されています。大正時代より海運の利便性を生かして臨海部に企業の工場や事業所が進出するようになり、高度経済成長以降は兵庫県の播磨臨海工業地帯の一部となっています。

兵庫県姫路市網干区の鉄道など公共交通機関及び道路事情について

兵庫県姫路市網干区の鉄道など公共交通機関及び道路事情について

山陽本線の網干駅と山陽電気鉄道の山陽網干駅の2つの主要駅があります。前者は兵庫県を東西に貫く幹線鉄道であり、新快速で神戸まで通勤圏内となっており姫路駅で山陽新幹線と接続しているため、県外への移動も便利です。一方、後者は駅が市街地にあることから利便性が高く、駅が多いことから姫路市内へのアクセスに優れています。主要国道は国道250号線であり、臨海部を通って姫路市内へアクセスすることができます。

古くからの兵庫県姫路市網干区の名物であるイカナゴの釘煮について

古くからの兵庫県姫路市網干区の名物であるイカナゴの釘煮について

兵庫県姫路市網干区の名物といえばイカナゴの釘煮です。網干区はその名が示すように古くから沿岸漁業の盛んな地であり、今でも播磨灘の春の風物詩としてイカナゴ漁が盛んに行われています。イカナゴの釘煮はその代表的料理として今では姫路市の名物とされており、姫路城をはじめとして市内の観光名所など各所で販売されています。

物件が見つかりませんでした

ご指定の条件に合う物件が見つかりませんでした。
条件を変更して再度検索してください。

網干周辺のエリアで探す