アナログ過ぎる不動産管理!システムなし、非効率な業務が仲介手数料となり消費者を圧迫する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

671551120bf9ac7221b0959b13baa320_s

こんにちは。副編集長でエンジニアの野口です。

今回は不動産会社、特に不動産管理会社と仲介会社の業務に関する話をします。

業界の方でなければあまり身近な話に感じられないかもしれませんが、業務の非効率性は仲介手数料など消費者側の支出によって片付けられています。

そして、読者の方にぜひ知っておいて頂きたいのが、不動産ほどアナログな業界はないということです。

未だに業者間でのやりとりでは、FAXや電話が多用され最新の物件情報も即座に得ることができません。

しかし、記事の最後に紹介したような業務効率化システムでこれから不動産業界が変革していく可能性もあります。

期待も込めてぜひ最後まで読んでみてください。

なぜお部屋の空き情報をすぐに教えてくれないのか?

お部屋探しをしたことがある人は疑問に感じたことがあるかもしません。

なぜ、不動産会社はメールや、電話でお部屋の問い合わせをしても、すぐ空いているか空いていないかの回答をしてくれず、先に予定を組ませようとするのでしょうか?

理由は簡単で、不動産仲介会社はお部屋の最新情報を知らないからです。

最新情報を知っているのは、オーナーから部屋を預かっている管理会社です。

お部屋探しをしている人の多くは、店舗を構えている不動産仲介会社を通じてお問い合わせや申し込みをします。

仲介営業マンはお問い合わせが来た部屋の管理会社を調べて、多くの場合は電話で空室状況の確認をとります。

その作業があるため、お部屋探しをしている人は、問い合わせをしてもすぐに回答をもらえないのです。

電話という非効率な確認方法

仲介会社は自分たちが募集している部屋の管理会社がどこかを全て覚えているわけではありません。

そうするとお問い合わせが来たら、まずお部屋の管理会社がどこかを特定することから始まります。

お客様が10件のお部屋の問い合わせをしてきたら、調べた各管理会社に10回の電話をしなければいけません。(別々の管理会社の場合)

もし、担当者が不在であったり、管理会社が休みの場合は時を改めて確認しなければならず、2度手間になり情報が伝わるのも遅くなります。

そもそも、最新の情報がどこか特定のサイトにまとまっていれば良いのですが、現在のところそういったサイトは存在しません。

電話が管理会社の業務を圧迫

管理会社からすると物件を管理している数と比例して電話が鳴り、その度に他の業務を中断して、物件が空いているかを確認して伝えています。

時間的な負担だけでなく業務が中断されることにより生産性が低くなります。

そのため、大手の管理会社では仲介会社への応答だけのためにコールセンターを設けているところもあります。

あるいは、自分たちのサイトを作成し、そこで確認するように仲介会社を誘導します。

しかし、仲介会社は数ある管理会社へいくつも連絡をするため、結局は手っ取り早く電話をしてしまいます。

管理会社は物件が空いているか空いていないかを答える機械的な作業のために業務の多くの時間を割かれているのが実態です。

負担のしわ寄せは結局、消費者へ

仲介会社にとっても管理会社にとっても、この電話でのやりとりは業務負担となり結果、人件費がかさんでしまいます。

仲介会社の利益は入居者からの仲介手数料、管理会社からの広告費から賄われます。
不動産仲介会社の主な収益についてはこちら

管理会社の利益は主に物件のオーナーからの手数料です。

結局のところ、この非効率な業務のしわ寄せは入居者とオーナーにきます。

最適な確認方法はやはり電話?

残念ながら、現在では全ての物件の最新情報を網羅的に乗せているサイトはありません。

そのため、仲介会社から管理会社への電話が鳴り止むことはありません。

そういった状況を打開するためには、WEBサイトを作って「仲介会社からの電話を受け付けない」という方法をとる管理会社もありますが、これだと仲介会社はめんどくさがって確認を怠り、結果紹介されなくなるというリスクがあります。

このアナログな不動産業界では、むしろ「電話に自動で応答する」方が業務に適用しやすいです。

ぶっかくんの宣伝

スクリーンショット 2015-08-14 12.34.21

イタンジ株式会社が開発したぶっかくんというサービスは、仲介会社とのやりとりを自動音声で返答するシステムで、その問題をまさに解決しようとしています。

「ぶっかくん」に登録されている物件の管理会社に電話をすると、合成音声の案内に従って操作をすることで、調べたい物件の空き状態や物件に関する質問、間取り図の取り寄せが行えます。

これによって管理会社は仲介会社からの電話応答の負担を減らし、仲介会社は正確な情報を24時間いつでも確認することができます。

まとめ

業務効率化が行われた不動産会社は、削減された人件費の分だけ、物件のプロモーションや、仲介手数料分を消費者に代わって負担することができます。

最近では、お部屋を探している人の感覚として家賃1ヶ月分の仲介手数料を負担することに抵抗感を覚えている方が多くなってきています。

そのため、仲介手数料を負担する不動産会社仲介も増えていますが、非効率な業務だと採算が合わなくなります。

ぶっかくんも含めて、業務効率化ツールが普及してくれば、お部屋探しの体験が良くなり、無駄なコストが抑えられるようになってくると思います。

「ぶっかくん」が不動産業界を滑らかにしますので、ぜひご期待ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がお役に立ちましたらFacebookページにいいね!お願いします。
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で不動産サムライの最新コンテンツが受け取れます。