疑問を解消!賃貸の入居申し込み時の預かり金・申し込み金について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

okane

この記事では「お部屋を決めたら不動産会社に預り金を振り込むように言われたけど預り金ってそもそもなに?払わないといけないの?」という人のために賃貸の入居申し込み時の預り金についてまとめました。

預かり金とは

預かり金とはその名の通り賃貸の入居申し込み時に一時的に預けるお金のことです。申し込み金などと呼ばれることもあり、金額の相場は数万円から家賃の1ヶ月分が多いです。

預り金の役割は「その部屋に住む意思を明確にする」ということです。

以前、「できればやめよう!賃貸の入居申し込み後のキャンセルについて」の中でも書きましたが申し込みをキャンセルすること自由です。

しかし、気軽にキャンセルされるのは不動産会社側からすると困ります。ですので、一定額のお金を預けてもらいで審査が通ったらキャンセルせずにちゃんとその部屋に住みますという意思をはっきりと示してもらうというわけです。

預かり金はどこに行く

doko

では預けたお金はどこに行くのでしょうか?

預かり金は初期費用に充当されます。申し込み時に預かり金を払い、審査など完了し正式に入居が決まったら初期費用から預かり金を引いた額を払うという流れになっていることが多いです。

預り金は必ず払わないといけない?

払わないといけない法的な義務はありませんが、不動産会社側に払うように言われたら払うしかないというのが現状です。

もちろん預かり金の支払いを拒否することはできますが、そうなると申し込みの意思が弱い人とみなされそもそも申し込みを拒否されてしまう可能性があるのでその部屋に住みたいと思っているなら払った方が無難です。

預かり金の有無は不動産会社や大家さんの方針によりますがあまり多くはないのです。

必ず預かり証を発行してもらう

akashi

もし預かり金を支払うことになったら必ず以下のような内容の預り証を発行してもらいましょう。

・預けた日付
・預かり金の目的
・預かり金の金額
・返還の条件や期日

預かり金はその名の通り「預かっているお金」なのでキャンセルや審査が通らなかったときは戻ってきます。後々になってもめないように預かり金の扱いについてどうするのかをしっかり書面で残しておきましょう。

まとめ

以上、賃貸の入居申し込み時の預かり金についてまとめました。預かり金についてはトラブルにやすいところでもあるのでどういったものなのかしっかり理解しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がお役に立ちましたらFacebookページにいいね!お願いします。
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で不動産サムライの最新コンテンツが受け取れます。