100万ドルの夜景の街、香港の不動産事情を見たり聞いたりしてきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港の夜景

こんにちは、エンジニアで編集長のナガシマです。

この前、旅行で香港に行ってきました。完全についでなのですが、香港の不動産事情について現地でいろいろ見たり聞いたりしてきたのでレポートします。

香港はタワマンだらけ

香港の高層マンション

香港に着いてまず驚くのがタワマンだらけの街並です。遥か先まで続くビル、ビル、ビル。

タワマンと言えば日本では一種のステータスで高級なイメージがありますが、香港ではそれが普通なのか恐れおののきますがここで騙されていけません。

香港のタワマンに干された洗濯物

ビルの真下から見上げるとめっちゃ洗濯物が干してあります。

こんな風景は日本のタワマンではあり得ませんよね。実は立ち並んだタワマンのほとんどは国が運営している公営住宅なのだそうです。日本で言うところの団地ですね。

香港の団地の張り紙

よく見ると非常に団地っぽい。香港人総ブルジョワジーとかそういうことではなく、土地が少ないのでどうしても上に伸ばさざるを得ないのです。

香港の不動産屋は日本に似ている

DSC_0072

せっかくなので香港の不動産屋にも行ってきました。募集の張り紙を貼りまくっているところが日本と似ています。中の様子はさすがに撮りませんでしたが、日本と同じでカウンター越しに営業マンが座っているスタイルでした。

香港の不動産屋

不動産屋さんが並んでいる激戦区もありました。1枚目の写真の不動産屋さんのサイトがあったのでご紹介しておきます。

中原數據

香港の賃貸募集の見方

香港の賃貸募集

香港の賃貸募集の見方を頑張って調べてみました。一番左は物件名です。呎 = 平方フィート、建築は建物面積、實用は実用面積を表しています。一番右が家賃でドルは香港ドルです。家賃の左の表記についてはおそらくセールスポイントだと思われます。

以上を踏まえると写真の一番上の募集は以下のようになります。

物件名 建物面積 実用面積 セールスポイント 家賃
河畔(リバーサイド) 368呎(34.18 m2) 242呎(22.48m2) 企理 8,900HKドル(約14.13万円)

どんな物件なのかわかりませんが、専有面積22.48m2で14.13万円は日本よりも高いですね。

香港の婚活事情

これはガイトさんから聞いた話なのですが、香港では結婚する = 男性が家を買うなのだそうです。しかし、香港の不動産は非常に高いため家が買えず婚期が遅れてしまう男性が続出しているとのことです。

香港売買物件

募集を見てみると相場は300万香港ドル〜400万香港ドル、これは4,700万円〜6,300万円なので確かに高いですね。ぼくも香港では結婚できそうにありません。

香港式団地のここがいい

香港は団地の下に幼稚園がある

最後に香港の団地でここがいいと思った部分をご紹介します。それは団地の1階が幼稚園になっていることです。保育園の数が足りず共働きの家庭はなかなか大変だと聞きます。日本でも保育園付きマンションなんてものがあれば人気が出るかもしれません。

まとめ

香港の不動産事情について見たり聞いたりしたことをまとめました。もし、いやーちょうど香港に引っ越そうと思ってたんだよねー、というピンポイントな方がいらっしゃいましたら参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がお役に立ちましたらFacebookページにいいね!お願いします。
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で不動産サムライの最新コンテンツが受け取れます。