仲介手数料0円の仕組みについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仲介手数料の時代に終わりを告げる

ノマドではすべての物件の仲介手数料が無料となります。その仕組みについてご説明させていただきます。

現在、10万人の方にご利用いただいております。

仲介手数料0円のサービス

全物件の仲介手数料がo円です。

今の時代、部屋の情報を得るのは不動産屋ではありません。今あなたがご覧になっているWebです。Webで自分で探すのに仲介手数料を払う意味はあるのでしょうか?不動産屋に頼って部屋を探してもらう意味があるでしょうか?ないですよね。

手数料戦争のはじまり

10年前と現在とでは部屋探しの仕方は全く違います。一番大きな違いは「店舗で探すか」「Webで探すか」の違いです。今、Webで探さずに店舗に探しに行く人はごく僅かです。

ここ数年で賃貸市場は激変しています。今では、一度引っ越し経験のある方は「仲介手数料って無駄でしょ」と気づきはじめています。

「不動産屋はどこも同じ情報を扱っていて、変わるのは仲介手数料だけだ!」って。

確かにその通りなのです。そうなると、

石を投げれば当たるほどある不動産屋は”仲介手数料割引合戦”をはじめました。

「他の不動産屋でみた物件でも弊社なら手数料安くしますよ」と。

そりゃ、自分で紹介も案内もしてなくて、契約だけ行い仲介手数料が入るならそんな楽なことないですよね。

ただのお客様の取り合いです。どれだけ楽して得するか、そればかり考えています。※もちろん素晴らしい営業マンもいますが、そんな業者が大多数なのが現実です。

部屋も家電と同じ

ユーザーも皆バカではありません。

同じ物件で安く契約できるなら、もちろんそちらを選びます。

”物件を問い合わせた不動産屋で見学しても、すぐに決めずに手数料の安いところ探す”

仕組みをわかってれば皆そうしますよね。

家電を量販店に行って、気に入ったモノの品番を控える→後で一番安いお店探して買う。

家電量販店は「他の店よりも安くします!」と声を大にして宣伝をしたり。よく見る光景ですよね。

これと同じことです。

信頼できる営業マンは必要ない

いまだに「部屋探しには”信頼できる営業マン”が必要」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、それは首都圏ではもう古いです。

10年前まではそんな”信頼できる営業マン”が必要でした。

なぜなら、自分で情報を収集できなかったから。情報を持ってる不動産屋の営業マンに頼るしかなかったのです。

今はどうでしょう。

Webでほとんどの物件情報を手に入れることができます。不動産屋に行かずに自分でリサーチしWeb上で「ここに住みたいな」まで判断することすら可能です。

そのWebで自分で探した物件を問い合わせをして見学をし、契約をする。※ここで初めて不動産屋が登場するわけです。

この流れに不動産屋が必要ですか?信頼できる優秀な営業マンが必要ですか?

全く必要ないのです。

今、価値のあるものは不動産屋でもなく、優秀な営業マンでもなく、正確な情報です。

仲介手数料0円という新しいビジネスモデル

2014年、ノマドは”仲介手数料を完全無料化”にしました。

お部屋を決めて仲介手数料をいただくのではなく、お部屋を探すサービスに利用料(840円/月)、見学料(600円/回)をいただくビジネスモデルに変更しました。※改定予定

それ以外の費用は一切かかりません。

この利用料はお部屋を探している間のみです。いつでも退会でき、また2週間は無料となっています。

現在、お部屋を決めた方の平均課金額は1,750円となってます。

無駄な時間とお金を省いたお部屋探し

ノマドでは部屋探しの無駄を徹底的に省いています。

登録をしていただいた後の物件のご紹介やメッセージのやり取りは人工知能(AI)にて自動対応をしています。

また見学はすべて現地待ち合わせ、現地解散のため、不動産店舗に行くこともありません。スマホ一台でほとんどが完結してしまいます。

無駄な時間とお金を省いた部屋探しをノマドで。

お部屋探しなら「ノマド」(https://nomad-a.jp/)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がお役に立ちましたらFacebookページにいいね!お願いします。
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で不動産サムライの最新コンテンツが受け取れます。