【100人アンケート】板橋区の住みやすさは?おすすめ駅や施設を徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

itabashi-kuyakusho04
東京23区の北西部に位置し、市街地で覆われている板橋区。

このエリアは特徴らしい特徴がなく、「板橋区」と聞いて連想されるものもなかなかありません。

しかし、交通網は地下鉄が各エリアに通っており坪単価も東京23区の中で19位と安いので、住まいとしての満足度は高いかもしれません。

今回は、板橋区に住んでいるまたは過去に住んだことがある100人の方を対象に、板橋区の住みやすさに関して3つのアンケートを行いました。

  • 「もう一度引っ越しをするとしたら板橋区を選びますか?」

  • 「板橋区のおすすめの駅はどこ?」

  • 「板橋区のおすすめスポットは?」

これから板橋区に住むことを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

約90%の人が「もう一度板橋区に住みたい!」と回答

image-6

「もう一度引っ越しをするとしたら板橋区を選びますか?」というアンケートでは、56人が「絶対に住みたいと思う」と答えました。

また、36人が「まあまあ住みたいと思う」と答え、否定的な答えをした人は8人しかいませんでした。

他のエリアの江東区文京区と比較して、「絶対に住みたい」と答える人が多い点を見たところ、コアなファンが多いと言えます。

子育てに最適な街?

それでは「絶対に住みたい」と答えた人の理由を見てみましょう。

最も多かったのは「子育て」に関する回答で、特に主婦層から高い指示を得ていました。

「緑がたくさんあり、子育てしやすいエリアだからです。」

板橋区は、出産・子育てを控える親や乳幼児をかかえる世帯を対象とした育児講座や、子育てに使える商品サービス券を配付する等のユニークな取り組みを行っています。

「帝京大学医学部付属病院が近くてしっかりした医療サービスを受けることができるからです。」

また、板橋区は病院の病棟数が23区で最も多く、そういった点で安心感を感じている方もいるようです。

目立ったレジャースポットや観光地はないですが、インフラがしっかりしていることが生活を支え、住民の支持理由となっています。

アクセス良好、でも家賃が安い

板橋区は23区の中でもとりわけ物価が安いです。

「23区なのに家賃や物価も良心的な値段で商店街が多く便利だからです。また、都心もに都外にもアクセスがいいからです。」

家賃の相場も安く、ワンルームが6万円、1LDKが10.4万円と東京23区で4〜5番目に安いです。

また、都営地下鉄三田線、東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線と、特に地下鉄が充実しており、都心へのアクセスが楽です。

東京に住みたいと考えてるけど、家賃が高くて躊躇している方は板橋区を検討してみると良いかもしません。

地下鉄で乗り換えが大変?都会感がない?

では、「どちらかというと住みたくない」や「住みたくない」と回答した人はどのような理由でしょうか?

「地下鉄が多いのは良いですが、乗換で疲れます」

板橋区にはJR線がほとんど通っていないので、電車での移動は基本的に地下鉄での移動がメインとなります。乗り換えの時は移動が大変です。

また、渋谷や原宿にあるような小洒落たカフェやレジャースポットも多く無いので、都会的な生活を求めている人には物足りないかもしません。

「お洒落なカフェや洋服屋さんが少ないからです。近所で休日の時間を過ごしたいという気持ちにならない。」

板橋区で賃貸マンションを借りるならおすすめの駅はどこ?

image-7

板橋区には20の駅が存在し、今回はその中でどの駅が賃貸としておすすめなのかアンケートをしました。

圧倒的NO1は板橋駅

100人中18人がお勧めする板橋駅は池袋駅の隣駅で、板橋区唯一のJR、埼京線が通っています。

支持される理由としては、やはりアクセス面のメリットが大きいようです。

「池袋、新宿、渋谷といった副都心に直結している埼京線沿線が便利です。」

「区内で唯一のJRの駅であり、乗り換えなしで県外の駅まで行けるからです。」

また、駅付近に買い物で便利な施設が点在しており、板橋区の中でも特に利便性の高い駅です。

「駅の周辺には様々なドラッグストアが並んでおり、スーパーのコモディイイダも側にあって買い物が便利だから。」

公共施設と2つの商店街

また、第2位の板橋区役所前は、都営三田線沿い巣鴨駅の2つ隣の駅です。

「区立氷川図書館や東板橋体育館がすぐ近くにあるので、調べ物をしたり体を動かしたいときに便利です。」

区役所だけでなく、こういった公共施設が近くにあれば、休日につい利用したくなります。

「商店街が2か所あり、買い物が便利だからです。そのうえ、おいしいお総菜がたくさんあります。」

また、板橋商店街、遊座大山商店街という2つの商店街があり、お買い物にする時便利です。

住みやすいエリアには、飲食店やお買い物ができるお店が多くあることが重要な要因となるようです。

ときわ台-クラドサック構成の独特な街並み

第3位にランクインしたときわ台駅は、古き良き商店街や独特な街並みを持つ隠れた人気エリアです。

「駅の北側には常盤台住宅地という美しい緑にあふれた大型の団地があり、景色がきれいなのが魅力です。」

駅の北口にはクルドサックと呼ばれる独特の街並みが形成され、住んでいて楽しくなる空間設計が為されています。

「天祖神社や書道美術館など、落ち着いた雰囲気の施設がありますから、余暇にリフレッシュできます。」

また、美しい並木道や神社が点在しているため、ゆったりと感じることができるのも大きなポイントとなっています。

板橋区のおすすめスポットは?

image-8

都内で天然温泉が楽しめる!板橋天然温泉スパディオが1番人気

板橋天然温泉スパディオは都営三田線、板橋本町駅より徒歩8分ほどの所にあります。

「都内で珍しい天然温泉に入れる施設です。室内風呂の他に露天風呂もあり、のんびりリラックスできます。ジャグジーやジェット風呂などもあります。」

料金は大人が2200円、小学6年生までが1360円となっており若干高いですが、会員になると平日は1360円で豪華なお風呂に入れます。

会社帰りにちょっと贅沢できる施設として人気を博しています。

小動物に癒される!板橋区立こども動物園

都会の喧騒に疲れた人たちが、動物達の癒しを求めて「板橋区立こども動物園」にやってきます。

「ヤギ、ヒツジ、モルモットなどと触れ合うことができたり、見たり触ったりすることができます。」

板橋区立こども動物園は「板橋区役所前」駅徒歩10分のところ、東板橋公園内にあります。

入場料無料のため気軽に来ることができ、小学6年生までならポニーに乗ることもできます。

グリーンカレッジホールでイベント利用や卓球ができる

また、グリーンカレッジホールでは定員180人ほどのスペースを貸し出しており、イベントスペースとして利用することができます。

「仲間と一緒にイベントを開催したい時に、他目的ホールを借りることができます。」

ピアノやホワイトボードも貸し出しているので、様々な用途で利用することができて、料金も安く設定されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

板橋区は特徴らしい特徴がないですが、区全域に渡って物価が安く、アクセスも良いのでコスパの良いエリアです。

また、他の区と比較しても「住みやすさ」のアンケート結果が悪いということもないので、23区の中では知名度はないですが、住むのには適したエリアです。

板橋区にお引越しを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がお役に立ちましたらFacebookページにいいね!お願いします。
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で不動産サムライの最新コンテンツが受け取れます。