家賃の節約にも!賃貸だって壁やフローリング・床をDIY!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸のお部屋探しをご案内しているとたまに耳にするのが「壁がもっとオシャレだったらなあ」や「フローリングの色が気にいらない」といった声です。

賃貸というと自分では自由にできないというイメージが強くこのような希望は諦めてしまいがちですが実は以下の点を守ればある程度お部屋を改造しても問題ありません。

  • 退去時に元通りに戻せて傷などが残らない
  • 他の入居者の迷惑にならない

この記事では上記のことを守りつつ賃貸でもできる壁や床・フローリングをオシャレにするDIY(Do It Yourself)の方法をご紹介します。

壁のDIY

壁のDIYは基本的に後が残らずキレイに取れるように何かを貼るという方法になります。

剥がせる壁紙を張る

whitewall

最近では剥がせる壁紙というものが売っています。種類も豊富で値段もさほど高くなくハサミでカットして貼るだけなので簡単です。壁だけでなく棚の扉なども同じもので揃えると統一感が出てよりオシャレになります。

ウォールステッカーを張る

sticker

壁紙を貼るのはちょっと大変そう、、という人にオススメなのがウォールステッカーです。壁紙ほどのインパクトはありませんがあるのとないのではお部屋の印象が大きく変わります。季節に合わせて種類を変えるのも良いかもしれません。

マスキングテープを張る

mask

ウォールステッカーと似ていますがマスキングテープを貼るという方法もあります。マスキングテープはいろんな種類が売っているため組み合わせ次第で色々なデザインを自由に作ることができます。前の2つよりも住んでいる人のセンスが出る方法ですね。

床・フローリングのDIY

tile

床のDIYは何かを敷き詰める方法になります。床のDIYは実は家賃の節約にもオススメです。というのも、和室をフローリングの部屋に変えてしまえるからです。和室は最近では人気がなく家賃も安めに設定されていることが多いので、畳の部屋をフローリング風に変えて住めば家賃の節約になる可能性があります。

フロアタイル・タイルカーペットを敷く

床の上に敷き詰めるフロアタイルやタイルカーペットと呼ばれるものが売られているのでそれを使います。畳の上にも敷けるタイプもあるのでそれを使えば和室を洋室に変えることができます。

ただしフロアタイル・タイルカーペットは若干値段が高めなので、よく計算しないと家賃は安くなったがトータルの出費は大きかったという本末転倒なことになるので注意が必要です。

まとめ

以上、賃貸でもできる壁紙、床・フローリングのDIY方法について紹介しました。お部屋探し中に「他の条件はいいのに壁が・・・フローリングが・・・」となったときに参考にしてみてください。

退去時に元通りに戻せれば問題ないはずですが実際にやる前には念のため事前に大家さんや管理会社に確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がお役に立ちましたらFacebookページにいいね!お願いします。
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で不動産サムライの最新コンテンツが受け取れます。