【100人アンケート】江東区の住みやすさを調べた。満足度91%の理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

yun_11954
東京23区の東部、東京湾沿いに位置する江東区。

このエリアは近年人口増加が進んでおり現在約50万人程度と、10年前と比べて約10万人も増加しており、住まいとして人気が高まっています。

今回はそんな江東区に住んでいるまたは過去に住んだことがある100人の方を対象に、住みやすさに関する3つのアンケートを行いました。

  • 「もう一度引っ越しをするとしたら江東区を選びますか?」

  • 「江東区のおすすめの駅はどこ?」

  • 「江東区のおすすめスポットは?」

これから江東区に住むことを検討されている方はぜひこの記事をお部屋探しに役立ててください。

約91%の人が「もう一度江東区に住みたい!」と回答

koutouku1
「もう一度引っ越しをするとしたら江東区を選びますか?」というアンケートでは、なんと100人中30人が「絶対に住みたいと思う」、61人が「まあまあ住みたいと思う」と答えました。

前回アンケートをとった中野区よりは低いですが、それでも非常に高い水準で支持を得ています。

大きな魅力はないけど不便はない

「絶対に住みたいと思う」と答えた人等の理由を見てみましょう。

「東京ビッグサイトなどで、好きなアーティストのイベントが多いのでアクセスしやすいからです」
big_site

江東区には、他にも格闘競技場等のイベントで使われる「有明コロシアム」や、大規模娯楽施設「パレットタウン」があり、休日を満喫させてくれる施設の存在が強い影響力を持っています。

しかし、アンケート結果では、「まあまあ住みたい」と答えた人が非常に多いです。

その理由の多くは下記のように特別な魅力を感じないけど不便はない、というようなものでした。

「生活するうえでは便利で住みやすいですが、長居したいと思うほどの魅力も少ないです。」

大規模なイベントが好きな人や商業施設に魅力を感じない人には、ほどほどの住みやすさを備えたエリアと言えます。

東京駅・千葉方面へのアクセスが良好

江東区に利便性を感じている方は、特にアクセス面で魅力感じている場合が多いです。

「東京メトロやJR京葉線など数多くの路線が通っており、必要に応じて使い分けることができるので、移動に便利だから。」

確かに江東区は東京駅に近く、東部に位置しているので千葉方面に通勤通学している方にとっては両方にアクセスできて都合のよい立地となっています。

「首都高速湾岸線が通っているので、車移動がしやすく各方面へも短時間でアクセスすることができるからです。」

電車だけでなく、主要幹線道路が通っており遠方への移動がし易いということも人気の理由なようです。

埋め立て地が大半を占めることから震災への不安

「どちらかというと住みたくない」を選んだ人の中には、下記のような理由がありました。

「江東区は0メートル地帯と言われていて、埋め立て地が多く、水害には弱い土地ではないかと不安に思っています。」

実際に、江東区は埋め立て地が大半を占め、東京都の予測によると区内の約8割で液状化の危険性があると報告されています。

否定的な回答をした方の半数は、震災に対する不安に関連したものでした。

「江東区の南は小さな橋がいくつもあるので自転車や徒歩で坂道を上り下りするのが大変です。」

他にも、橋が多く移動時に不便さを感じている人もいるようです。

江東区で賃貸マンションを借りるならおすすめの駅はどこ?

koutouku2
江東区には28駅存在しており、その内7駅は0票という結果になりました。

また、上位5駅で人気で過半数の支持を得ており、比較的人気が集中しています。

1位の豊洲駅にはショッピングセンター「ららぽーと」

「駅から約2分のところにアーバンドックららぽーと豊洲があり、様々な買い物を楽しむことができます。また、東急ハンズも近くにあり、何か買いたいものがあったら、豊洲駅ならなんでもそろいます。」

豊洲駅を支持する人の最大の理由はこの大型商業施設の営業が大きいです。

「新しいきれいな街で高層ビルに囲まれているのに、海が近いので潮風が感じられ癒されます。」

また、近年このエリアではタワーマンションが次々と建てられ、現代的な街並みや海沿いであることを楽しんでいる人もいます。

地元民に愛される亀戸サンストリート

豊洲駅に迫る勢いで人気を博しているのは亀戸駅です。

この駅を支持する人の理由はおおよそ同じで、飲食店が豊富で生活に必要な商業施設が揃っている点です。

「都内なのに割安な物件が多いと思います。駅から5分程で商業施設の亀戸サンストリートにも行けて、シングルからファミリーまで色々な人が暮らしやすい街だと思います。」

中でも、亀戸サンストリートは特に、人気飲食チェーン店、家電量販店、スタイルショップが出店しており、すいか割り大会やダンスショーなどのイベントを毎週開催しております。

閉店の噂もあるようですが、地元民から愛され亀戸駅近辺に住む人の重要なマーケットプレイスとなっています。

穴場スポットの森下駅はアクセスの良さが人気の理由

意外にも3位の「森下駅」を選んだ人に理由を聞いてみると多くの人がアクセスを挙げます。

「東西に新宿線、南北に大江戸線と地下鉄が交差し交通の利便性がよいです。休日にはバス1本で豊洲やお台場へ行けます。」

森下には大江戸線、都営新宿線と都心に乗り換えなしで移動できる利便性があります。

その割に下町の雰囲気が色濃く残り、都会で静かな暮らしを求めている人にとっては穴場スポットとして人気を得ているようです。

江東区のおすすめスポットは?

koutouku3

清澄庭園が都会に住むストレスを癒す

最も人気があるのは、「東京ビックサイト」「大江戸温泉物語」と名だたるレジャースポットを抑え、「清澄庭園」でした。

「自然に囲まれた庭園で都会のオアシスです。ストレスの多い現代社会にはなくてはならない癒しのスポットです。」

確かに地元の人にとっては、何度もレジャー施設に足を運ぶわけではないので、気軽に行けてかつゆったりできる場所が必要です。

「清澄庭園」は人々に安らぎを与えてくれる場所として地元の人からも重宝されているようです。

「日本科学未来館」で宇宙、医療、ロボットと触れる

第2位につけた「日本科学未来館」は、日々進化する最先端の技術に触れることができ、年齢を問わず楽しむことができます。

「子供でも大人でも1日中夢中になれるスポットです。面白いので、夢のような時間があっという間に通り過ぎる感じがします。」

また、3Dのプラネタリウムも導入されており、休日に一人で楽しみにくる人もいるようです。

夢の島熱帯植物館

夢の島熱帯植物館はゴミの埋立処理場の跡地に整備されてできた植物園です。
nettai
「色々な国の色々な植物を観察することが出来て、日頃のストレスの解消になります。植物館ではハチも飼育しています。」

「そこはジャングル。非日常の時間をお楽しみください」というキャッチコピーにあるように、普段見れないような植物を季節に合わせて観ることができます。

まとめ

江東区で行ったアンケートでは、他の区と違って刺激的な場所や駅よりも、穏やかで落ち着いた駅やスポットに人気が集まる傾向にありました。

外から見た印象では、豊洲駅や国際展示場駅などの印象が強いですが、実際に住んでいる人達にとってはそれよりも静かで落ち着ける場所に愛着を持っているようです。

みなさんのイメージと違いはありましたでしょうか?

江東区にお引越しを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がお役に立ちましたらFacebookページにいいね!お願いします。
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で不動産サムライの最新コンテンツが受け取れます。