住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」を最近家を買った後輩の情報で試してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mogecheck

こんにちは、編集長のナガシマです。

6月22日に住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」というアプリがリリースされました(現在はAndroid版アプリのみでiOS版は近日リリース)。mortgage = 住宅ローンのモゲから取った名前だと思われますがモゲという響きがなんとも言えませんね。

さっそくこのアプリを試してみようと思ったのですが、ぼくはまだまだ家は買いませんしローンも組んだことがないのでよくわかりません。ちょうどよいことに隣に座っている後輩が最近家を買ったので彼の情報で試してみようと思いました。

試したみた結果レポートです。

住宅ローン借り換えってなに?

そもそも住宅ローンの借り換えとはなんなのか。

住宅ローンとは家を買うために銀行からローンを組んでお金を借りることですね。借り換えとはこの借り先の銀行を乗り換える事を言います。銀行によって金利などの条件が違うため、より条件の良い銀行に乗り換えるわけです。

モゲチェックを使うとどの銀行に乗り換えるとローン返済額がトータルでいくら安くなるのかが瞬時にわかります。

モゲチェックをさっそく試してみた

モゲチェックの結果

借入額や残りの返済額などを入力していくと上記のような画面が表示されます。モゲチェックによると後輩くんのローン返済額が乗り換えによって247万円も安くなるようですね。

Screenshot_2015-06-23-19-18-26

ランキングのタブではどこの銀行に乗り換えるといくら安くなるのかがランキング形式で分かります。この他にも将来の金利の変化が返済額にどのくらい影響するのかが一目でわかるアナリシス機能などもあります。

モゲチェックの良い点、改善してほしい点

借り換えによってどのくらい返済総額が減るのかが銀行ごとに瞬時にわかるのが素晴らしいです。

一方でローン審査のことが考慮されていないので、表示されている条件で借り入れすることができるかは問い合わせみないことにはわかりません。各行の審査基準と照らしあわせた簡易審査機能などもあるとより使いやすいアプリになりそうです。

まとめ

住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」を試してみました。リリースされたばかりですがかなり使えるアプリなのではないでしょうか。月々の返済額や金利変化のシミュレーションなどもできるので、乗り換えだけではなく新規で住宅ローンを組むときにも使えそうです。今後のバージョンアップに期待です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がお役に立ちましたらFacebookページにいいね!お願いします。
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で不動産サムライの最新コンテンツが受け取れます。