一人暮らしを始める時にかかる全ての費用は?不動産のプロが教える費用を最小限にするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_m
一人暮らしを始めたくても、予算がオーバーしてしまって挫折してしまいそう。

でも、念願の一人暮らしを諦めたくはない。

今回はそんなみなさんに、一人暮らしを始めるまでにかかる費用を極力少なくして、最安値でお部屋を決めるコツをご紹介いたします。

一人暮らしを始める時にかかる費用

一人暮らしを始める時にかかってくる費用は、大きく分けて下記の3つがあります。

  • 賃貸の初期費用(家賃の5〜6倍)
  • 引越し費用(2万円〜7万円)
  • 生活必需品(5万円〜8万円)

※金額は目安です。

ご覧のように、賃貸の初期費用が最も高くなりますが、実は内訳を見ていくと初期費用の中には無くしたり減らすことのできる項目があります。

また、引越し費用は頼む業者や時期によって金額が異なり、工夫次第では安くすることができます。

一人暮らしにかかる費用を安くできるかどうかは賃貸の初期費用引越し費用を減らすことがポイントとなります。

賃貸の初期費用

賃貸マンションの入居前にかかる初期費用は、一般的に賃料の5〜6ヶ月分程度が必要となります。

例えば7万円の家賃で家を借りると35万円〜42万円ほどの費用が必要となり、資金を用意できなくて諦めてしまう方もいると思います。

しかし、物件の条件を下げなくても初期費用を安くして入居をすることは可能です。

ぜひ、下記のような方法を実践して下さい。

仲介手数料を0円にする

賃貸マンションに入居するには、不動産会社にお願いしてお部屋の空室状況の確認をしたり、申し込みの手続きしてもらいます。

不動産会社はその対価として入居者から仲介手数料を貰いますが、同じ物件でも仲介手数料を1ヶ月取る業者もあれば0円のところもあります。

実は、物件はごく一部を除くと基本的にどの業者でも紹介できるので、良い物件を見つけたらなるべく安い業者で頼むことをお勧めします。

参考:仲介手数料無料のからくり、物件を隠されないように広告料について知ろう

仲介手数料が無料のサービスは弊社が運営するヘヤジンプライムの他に、Nomadというサイトがあります。ぜひ参考にしてみて下さい。

敷金・礼金だけでない。他の項目も調べて総額で初期費用を抑える

あまり知られてないですが、初期費用にかかる項目には敷金や礼金以外にも下記のものがあります。

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃(総額賃料の1ヶ月分)
  • 日割り家賃
  • 火災保険(15000円〜25000円)
  • 鍵の交換費(10000円〜18000円)
  • 保証会社利用料金(総額賃料の50%〜80%)
  • クリーニング費用(20000円~40000円)

※金額は目安になります

仲介手数料は適切な業者を選べば安く済みますが、他の項目はどの業者を頼んでも基本的に同じで、交渉しても上手く行かないことの方が多いです。

また、上記の項目以外で「セキュリティサポート」に登録が必要で加入費用がかかったり、室内抗菌費用というものを入居者が負担する場合もあります。

物件によってこのような項目があったりなかったりするので、WEB上で掲載されている条件だけでなく総額の初期費用を不動産会社聞いて各部屋を比較することが重要です。

引越しは、複数業者で見積もり、平日に頼む

引越しにかかる費用は、初期費用に比べると金額が比較的低いです。

しかし、どの業者に、いつ、頼むかによって金額が異なりますので、なるべくお得な方法で済ませましょう。

複数業者に見積もりを出す

引越し費用は、業者によって見積もり額が異なります。

そのため、複数業者に見積もりを出して最もお得な業者にお願いするのがお勧めです。

複数の業者に一括で見積もりを出すことができるサイトもあります。
価格.com 無料一括見積もり

曜日と時期を選ぶ

引越しする曜日は平日の方が安く済みます。

それは、土日に引越しが集中するので、平日だと安く見積もられるからです。

平日に調整が難しく土日しか選べない場合は、日曜日の午後にすると比較的安く見積もりされることが多いです。

また、引越しをする人が少ない5月〜8月は他の月と比べて安くなります。

引越しする曜日や日時を選べるなら、なるべく引っ越しシーズンから外して平日に行いましょう。

引っ越しシーズン参考:データでわかるおすすめのお部屋探し・引っ越しの時期

まとめ

この記事で挙げた内容は、費用を抑えるために最低限やっておきたいこと、という観点でまとめてあります。

敷金礼金が0円の部屋限定で探して、荷物を自分で運んで、家具をフリマで揃えて。。など工夫の余地はまだまだあるかと思います。

記事に書かれている内容と組み合わせて、お得に一人暮らしを始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がお役に立ちましたらFacebookページにいいね!お願いします。
「いいね!」を押すと、Facebookのニュースフィード上で不動産サムライの最新コンテンツが受け取れます。