​25歳で最年少上場の村上太一さん「上場が決まった時、今よりも狭い部屋に引っ越した。」

  • LINEでシェア

(GreenLight Designs)

芸能界には、「売れているお笑い芸人は部屋がキレイ」という考え方があり、部屋がしっかり整理整頓されていると、収録の後に「あの話をすればよかった。」と嘆くことなく、正しいタイミングで話のネタを思い出して話すことができるそうです。

つまり、部屋の中が整理整頓されていると、頭の中まで自動的に整理整頓されるようになるということですが、確かにあの松本人志さんや今田耕司さんの几帳面さは芸能界でも有名ですし、業界では「若手のお笑い芸人が売れるか見極めたければ、その芸人の部屋を見ろ」という人たちも大勢いるそうです。

↑部屋が整理されていると、頭の中も自然と整理される。(GranitArchitects)

スポーツや音楽など、どの業界でも一流と呼ばれる知識を身につけるためには、10,000時間のコミットメントが必要だと考えられており、これは「1万時間の法則」と呼ばれ、非常に有名ですが、あなたが一生の間、自分の部屋で過ごす時間は当然10,000時間以上で、「毎日5%の脳力がアップする部屋」と「毎日脳力が5%損なわれる部屋」では数年で、大きな差がついてくるのではないでしょうか。

↑部屋の状態によって、数年で大きな差が出る。(Koen Cobbaert)

ついつい私たちは、部屋に何もないと殺風景だからとモノで部屋の「空白」を埋め尽くそうとしますが、これは人類の歴史上で「モノがない時代」が圧倒的に長く、その反動が大きな原因であり、モノに囲まれた場所で生活していると、常に満たされている気持ちになるため、無意識のうちに自分の「インプット力」にブレーキをかけていることになります。

重要なのはバランスであり、「部屋を活かせば頭が良くなる。」という本の中で、部屋全体の比率を7:3(空間:家具)に保つことで、部屋に新しいモノを呼び込む「流れ」を作ることができると書かれています。

↑部屋に何もない「空間」を増やすことで、新しいモノを呼び込む「流れ」を作る。(Urbane Apartments)

これは人間の体の仕組みとよく似ていて、人体の7割は水分だと言われていますが、このバランスを損なうと、脱水症状を起こしたり、むくみが生じて、体調を崩してしまいます。

本棚やクローゼットを活用した収納を考える時も、7:3(空きスペース:モノ)を意識することが大切で、例えば100冊収納できる本棚であれば、70冊収納して30冊分を常に開けておくことで、収納したものを取り出し易くし、部屋の流れを自然に保つことが大切です。

↑70冊収納して30冊分を常に開けておくことで、部屋の「流れ」をキープできる。(arsheffield)

それでもモノを沢山貯め込んでしまうクセのある方は、「空間の価値」をお金で考えてみると分かりやすいですが、例えばあなたのアパートが25平方メートルで、10万円の家賃(もしくはローン)だと過程した場合、1平方メートル辺り4000円の家賃を払っている計算になります。

「いつか使うかもしれない。」と買い込む調味料やトイレットペーパーなどを保管するためには、年間4000円×12ヶ月=4万8000円の保管料がかかり、「本当に必要かどうか。」ということを再度検討する必要があるのではないでしょうか。

↑4万8000円の保管料「本当に必要かどうか、もう一度考える必要がある。」(Pete)

25歳で最年少の上場を果たしたリブセンスの村上太一さんは、上場が決まった時、今よりもさらに狭い部屋に引越したと述べていますが、部屋が狭いことには掃除に手間がかからない事や、モノを捨てる動機ができるなど、意外とメリットは多くあります。

さらに連続起業家の家入一真さんは、六本木や恵比寿など都市部に住むことで通勤時間が短縮でき、人の集まる場所にすぐアクセスできることが大きなメリットになると述べており、狭い部屋で構わなければ、家賃の事を考えても都市部に住むことはそんなに難しくはありません。


↑狭い部屋に移り住むメリットは意外と多い。(Elissa Merola)

子供に勉強をさせるには、子供部屋を無くすことが一番効果的で、大人と同じ場所を共有させることで、子供に「早く大人になりたい」と思わせることが大切だとよく言われますが、とにかく部屋は質を意識し、空間を作ることで部屋の「流れ」を止めないように意識することが大切です。

部屋は広く、何となくモノで埋め尽くされていた方が良い感じがしますが、多分それは世間や周りの人たちが勝手に作り出したイメージなのでしょう。

人間はもっとシンプルに生活できる。世の中には無駄なモノが多すぎるのかもしれません。

  • LINEでシェア
ヘヤジン編集部
部屋探しが3度のご飯より好き!部屋探しによって人生をより良く変える「ヘヤ・ハッキング」の提唱者。『ヘヤじい』の愛称でもお馴染みのヘヤジン編集部員。
NEXT STORY
​「草食系」と呼ばれる人は20年、30年後が見えている人達
ライフスタイル 2015.3.25 ​「草食系」と呼ばれる人は20年、30年後が見えている人達 日本は未だに世界トップレベルの経済力を誇っているのに対して、世界の幸福度ランキングでは81位と先進国では最下位を記録しており、世の中からの「…